新築物件 〜構造編〜

0
    今日の秋田市は暖かいですねぇ。

    さて、小出しにしていくとお伝えした新築物件。
    本日は構造編です。
    この住宅では、土台、柱、梁など構造躯体をプレカット加工し、接合部はドリフトピン工法を採用しております。
    プレカット
    http://www.tatsumi-web.com/product/tec_one/

    以前は大工さんが墨付けをし刻み、羽子板ボルトなどの金物を使い組み上げていくのが一般的でしたが、今ではプレカット、ドリフトピン工法が主流となってるのではないでしょうか。

    自分もどちらの工法も施工したことはありますが、金具が多い分材料費がかかる部分は出てくるかと思いますが、ドリフトピン工法の方が組み上げるまであきらかに早いと感じます。



    ネダレス工法で床下も先行施工。
    これにより水平剛性が上がり、地震、風などに強い建物となります。
    床があるとないとでは、職人さんの作業スピード、なによりも安全性が高いです。

       



    このように屋根まで組み上げて建方完了となります。

    次回に続く・・・
     

    コメント
    コメントする








       

    土日工業のホームページはこちら

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM